兵庫県議会公明党・県民会議

代表・一般質問

H21年2月第299回 定例議会 谷井県議 一般質問

谷井議員が、第299回県議会で2月25日に一般質問を行いました。環境問題に配慮した県民オーナー制太陽光発電所の推進をはじめ地元尼崎の観光名所づくり、県立病院の統合などについて県の姿勢をただしました。

第299回(平成21年2月)定例県議会 一般質問 谷井いさお

質問項目

  1. こころ豊かな人づくりと芸術文化立県ひょうごの実現について
  2. 防犯カメラの管理・運用基準の条例化について
  3. 輸血後検査の推進強化について
  4. 県民オーナー制太陽光発電所の推進について
  5. 尼崎の新たな観光名所づくりについて/li>
  6. 塚口病院と尼崎病院の統合について

質疑ダイジェスト

@こころ豊かな人づくりと芸術文化立県ひょうごの実現について
谷井議員
ピッコロ劇団は青少年に本物の演劇に触れる機会を提供している。劇団の公演を県下中学生が広く鑑賞できる場をつくることが、心豊かな人づくりと芸術文化立県ひょうごの実現に寄与すると考えるが。
井戸知事
中学生が演劇にふれることの教育効果は大きい。ピッコロシアターや芸術文化センターを活用し、地元教育委員会や中学校を中心に働きかけていく中で鑑賞の機会を提供していきたい。
C県民オーナー制太陽光発電所の推進について
谷井議員
県民オーナー制太陽光発電所の推進は、本県と本県内企業、そして県民が一体的に環境問題に先駆的に塵組んでいることを大きくアピールできる。
井戸知事
新年度から集客施設でのカーボン・オフセットや日常生活のCО2排出量を自宅のパソコンで計算しオフセット代金を支払う仕組みづくりに取り組む。これによりグリーンエネルギー基金を活用した県民発電所を設置する。今後も太陽光発電の普及を図る。
D尼崎の新たな観光名所づくりについて
谷井議員
「尼っ子リンリン・ロード」を再整備し、スポーツの森周辺にサイクリングコースを整備することで、自転車による来場者の促進などが期待できる。尼崎の南部臨海地域を新たな観光名所としてどのように整備していくのか。
井戸知事
中央緑地外緑部の園路は「尼っ子リンリン・ロード」と接続し、気軽にサイクリングが楽しめるような環境を整える。また、尼崎スポーツの森の施設を活用したスポーツ大会の開催などにより地域の魅力を高め環境にやさしい交通システムの実現に努める。
E塚口病院と尼崎病院の統合再編について
谷井議員
外部委員会で塚口病院と尼崎病院の統合再編に向け検討されているところだが、塚口病院が担ってきた阪神南圏域の医療機能及び阪神北圏域のバックアップ機能を確保するためにも、塚口病院の存続も含めてどのように県立病院としての診療機能を強化するのか。
黒田病院事業管理者
統合再編に際して、医師等の医療資源を効率的に活用できる体制を確立し、小児救急医療や周産期医療等塚口病院が担ってきた診療機能を充実するとともに、阪神南圏域における医療の現状を踏まえ、救急医療の充実などについても検討する。
このページのトップへ
Copyright c 2001 New Komeito and Prefectural citizen,s council All Rights Reserved.