兵庫県議会 公明党・県民会議

トピックス・活動報告


兵庫・尼崎市の築地だんじり祭り  勇壮な「山合わせ」観戦  井戸知事らが参加

  さきごろ、兵庫県尼崎市の築地地域で、「築地だんじり祭り」の名物行事「山合わせ」が行われ、谷井勲県議、東浦小夜子市議が、井戸敏三知事らと共に参加し、2基のだんじりが激しくぶつかり合う様子を見守った。
  この地域は、旧尼崎城の城下町として江戸時代初期に築かれ、祭りは初嶋大神宮の例大祭として約350年前から開かれている。同日夕、松島橋公園に設けられた「山合わせ会場」には、7地区のだんじりが集結。鐘、太鼓の音や勇壮な掛け声が響く中、入れ替わりながらの対戦≠ェ行われた。
  井戸知事は、県政150周年を迎える来年、尼崎城が再建″されることに触れ、「熱い戦いを期待している」と参加者を励ました。
一方、井戸知事がこの日、同地域を訪問したのは谷井県議の尽力があったから。
同県議の橋渡しにより、昨年7月、祭りの記録をまとめた冊子『築地だんじり物語』を、住民有志でつくる製作委員会の代表者が井戸知事に手渡した。
その際、同知事は祭りに参加する考えを示していた。
  尼崎城々下町築地だんじり保存会の橋本廣樹会長は「知事の訪問は大変励みになる。伝統ある行事を、将来に引き継いでいきたい」と喜びを語っていた。

トップページへ戻る

Copyright New Komeito and Prefectural citizen,s council