兵庫県議会 公明党・県民会議

トピックス・活動報告


斜め横断防止へ信号機整備  西宮市

  西宮市の前浜町と建石町の間を通る市道(臨港線)の交差点で、四方向のうち唯一未設置だった東側に今秋、横断歩道と信号機が整備された。住民にとって数年越しの懸案で、公明党の大原智市議と野口裕県議が、市や西宮警察署と連携して進めてきた。
  この交差点では2012年、南東エリアに大型商業施設が開業したのを機に、斜め横断する歩行者や自転車が激増。交通量も増え、人身事故が起きていた。
  野口、大原の両議員はこのほど、現地を訪問。ある女性は「買い物の際、信号待ちが3回から1回になり助かる」と話し、近隣の運送会社社長は「歩行者らが整然と渡るようになり、安全性が高まった。交差点の通過もスムーズにできる」と喜んでいた。

トップページへ戻る

Copyright New Komeito and Prefectural citizen,s council