兵庫県議会公明党・県民会議

Topics

2014/ 9/26 Up

13団体から政策要望を受ける 姫路市

 北条やすつぐ県議はこのほど、姫路市内で「政策要望懇談会」を開き、13団体から要望を受けた。これには濱村進(衆院議員)、姫路市議会議員も出席した。

 このうち、NPO法人「兵庫県腎友会西播ブロック」との懇談では、小谷眞行ブロック長が身体障害者手帳における腎臓機能障がいの認定基準に関連し、「糖尿病などが原因で人工透析を受ける患者が増えているにもかかわらず、検査結果によって透析患者間で助成費用に格差が生じている」と指摘。検査を基にした認定方法の見直しを求めた。 

 濱村氏は「見直しの必要性を強く感じている」と述べ、公明党として引き続き訴えていく考えを示した。

 このほか、兵庫県二輪自動車協同組合(島津龍代表理事)が二輪用駐車場の増設を求めたのに対し、市議会公明党は「予算要望を通じて訴えていきたい」と答えた。

このページのトップへ
Copyright c 2001 New Komeito and Prefectural citizen,s council All Rights Reserved.