兵庫県議会公明党・県民会議

Topics

2014/12/16 Up

増額分は受け取らず 期末手当で公明党議員団

 兵庫県議会公明党・県民会議議員団(合田博一幹事長)は11日、今年度に支払われる県議会議員の期末手当のうち、前年度に比べた増額分19万1400円について、受け取らないことを明らかにした。増額分は神戸地方法務局に供託し、還付請求権も行使しない。

 12月定例会には期末手当を0・15カ月分引き上げる議員報酬条例改正案が提案されており、12日の本会議で可決される見通し。議員の期末手当はこれまで、人事院勧告に基づいて決められる知事ら特別職の手当に準じて決定。今回、9年ぶりに特別職の支給率が改定されるのに合わせた。

 記者会見した野口裕団長は、「報酬決定のルールを守る観点から、条例案には賛成する」としつつ、政務活動費問題や家計に景気回復の実感が及んでいない点を挙げ、「増額分を受け取るのは県民感情にそぐわないと判断した」と述べた。

このページのトップへ
Copyright c 2001 New Komeito and Prefectural citizen,s council All Rights Reserved.