兵庫県議会公明党・県民会議

Topics

2015/1/13 Up

3日間にわたって政調会を実施
 来年度予算編成について当局と意見を交換


 県議会公明党・県民会議は、1月7日から9日までの3日間にわたって、県庁内で政務調査会を開きました。県当局から平成27年度当初予算編成の進ちょく状況や重要施策について説明を受け、質疑・意見交換を行いました。



 県は、新年度の予算編成にあたって国の地方財政対策や予算編成の動向を見極めながら、選択と集中をさらに徹底して第3次行革プランに基づく改革を着実に進めていき「創造と共生の舞台・兵庫」の実現を目指すとしています。

また、来年度の財政環境は国の中期財政計画で地方一般財源総額を平成27年度まで25年度水準に据え置く枠組みが設定されている一方、社会保障関係経費の自然増や消費税の引き上げ延期による財源不足が生じるなど一層厳しくなることが見込まれています。

 こうした中で、地震、津波や風水害対策をはじめ、地域医療の確保や高齢者の見守り、若者・女性・高齢者等の就業支援、次世代産業の創出、地域活力の再生などの対策に取り組むとしています。

 質疑では、地方主導の新たな時代を切り開くための力強い県政の推進についての取り組みに鋭い質問が集中しました。

このページのトップへ
Copyright c 2001 New Komeito and Prefectural citizen,s council All Rights Reserved.