兵庫県議会公明党・県民会議

Topics

2015/ 9/ 1 Up

平和国家に重要な法制 五百旗頭氏が講演

 兵庫県議会公明党・県民会議議員団(岸本一尚幹事長)は31日、神戸市内で政策研修会を開き、外交史研究者で公益財団法人ひょうご震災記念21世紀研究機構理事長の五百旗頭真(いおきべまこと)氏(熊本県立大学理事長、神戸大学名誉教授)が、戦後70年と安保法制」をテーマに講演した。

 五百旗頭氏は、「冷戦終結とともに国際安全保障の事態が変わり、(世界は)難しい問題に直面している」と強調。
@各国がそれぞれ持ち寄らなければ安全保障を維持できなくなった
A中国が軍事力を背景に台頭している
−の2点を挙げた。
その上で五百旗頭氏は、こうした事態に対処するには、日本に自助能力があり、日米同盟がしっかりしていることが重要と指摘。
平和安全法制整備について、「平和国家として必要最低限のことだ」と述べた。

このページのトップへ
Copyright c 2001 New Komeito and Prefectural citizen,s council All Rights Reserved.