兵庫県議会公明党・県民会議

Topics

2015/12/18 Up

ICTの活用で障がい者就労促進
 党兵庫県議団が厚労副大臣らに要望

 兵庫県議会公明党・県民会議議員団(岸本一尚幹事長)は3日、厚生労働省で竹内譲厚労副大臣(公明党)に、障がい者の在宅ワークを促進するため、ICT(情報通信技術)を活用した環境整備を要望した。

 席上、岸本幹事長らは、政府が掲げる「1億総活躍社会」の実現には、障がい者が自らの能力を生かせるネットワークシステムの構築が不可欠とし、障がい者の在宅ワーク促進に向けたモデル事業の実施や、在宅障がい者のスキルアップへの支援を要望した。

 竹内副大臣は、要望に理解を示した。

 また、同議員団は総務省を訪れ、輿水恵一総務大臣政務官(公明党)にも要望した。

このページのトップへ
Copyright c 2001 New Komeito and Prefectural citizen,s council All Rights Reserved.