兵庫県議会公明党・県民会議

Topics

2016/ 1/12 Up

新年度予算編成に向け政調会を開催
 地域創生戦略の具体化の実現へ


 県議会公明党・県民会議は1月6日から8日まで3日間にわたり、県庁内で政務調査会を開催しました。



 平成28年度県当初予算編成について各部局から、進ちょく状況や重点施策などについて説明を受けました。中では、昨年10月に策定した県地域創生戦略を踏まえた施策などに関心が寄せられました。

 平成28年度は「地域創生元年スタートの年」として、地域創生戦略の実現に向け、井戸知事は「従来の枠にとらわれない思い切った施策の実施が必要」と、先の定例県議会で答弁しています。

 このため、新年度予算では通常新規枠30億円に加え、新たに地域創生枠40億円を設けました。

 全体の基本的な考え方としては、厳しい財政環境の中、第3次行革プランを着実に推進し、施策の重点化を図る「選択と集中」で県民ニーズに的確に応えることのできる予算として「安全・安心の基盤づくり」「地域創生戦略によるふるさと兵庫の実現」を最重点課題に設定しました。

 政調会では、地域創生戦略の具体的な推進、議員提案により制定された中小企業振興条例を踏まえた取り組み、また、行革プラン3年目の総点検の方針などについて質疑が行われました。

このページのトップへ
Copyright c 2001 New Komeito and Prefectural citizen,s council All Rights Reserved.