兵庫県議会公明党・県民会議

Topics

2016/ 1/22 Up

多子世帯への保育料軽減事業の拡充を要望
 約57万人の署名を知事に提出

 県議会公明党・県民会議は、12月24日、県庁内で井戸知事に、現在の多子世帯に対する保育料軽減事業を拡充するよう申し入れました。

 県内で集められた、第3子以降を対象としている同事業を第2子以降に拡げることを求める約57万人の署名を提出しました。

 野口裕団長らは「若い世代の子育てへの負担軽減は不可欠。県民の1割を超える賛同が示された」と早期実現への取り組みを要望。

 これに対し井戸知事は「喫緊の課題であり、皆さんの熱い気持ちを踏まえ、しっかり検討していく」と答えました。

このページのトップへ
Copyright c 2001 New Komeito and Prefectural citizen,s council All Rights Reserved.