兵庫県議会公明党・県民会議

Topics

2017/ 3/10 Up

定期巡回・随時対応サービス 事業者の参入を
 兵庫県議会で岸本議員

 岸本一尚議員は、高齢者が住み慣れた自宅で安心した生活を送るため、要介護者を24時間体制で支える定期巡回・随時対応サービスの充実が必要と強調。その上で、同サービスを提供する事業所数が県の計画に追い付いていない現状を指摘し、「未実施市町の解消と、事業者の参入を促すための施策を講じるべきだ」と訴えた。

 また岸本議員は、訪問看護、介護に当たるスタッフが利用者や家族から威圧的な態度、暴言を受けるケースがあることを取り上げ、「看護師らサービス提供者が安心して従事できる対策が重要だ」と述べた。

 井戸敏三知事は、同サービスへの参入を加速するため、事業者への人件費助成などの支援策を充実する考えを表明した。

 また、スタッフの安全確保にづいては「2人体制を基本とし、県独自で(人件費の)1人分の助成を新たに開始する」と述べるとともに、対応マニュアル作成や相談窓口設置も実施するとした。

このページのトップへ
Copyright c 2001 New Komeito and Prefectural citizen,s council All Rights Reserved.