兵庫県議会公明党・県民会議

Topics

2018/2/10 Up

保育料・私立高校授業料負担軽減の実現を県に申し入れ
  ひょうごの未来を担う人づくりの推進へ


 県議会公明党・県民会議は、2月5日、県庁内で井戸知事に保育料及び私立高校授業料の負担軽減を求める申し入れ書を提出しました。

 申し入れでは北条幹事長が、政府が閣議決定した「新しい経済政策パッケージ」で2020年までの幼児教育や私立高校授業料の無償化の実現が明記されていることや、人口の転出超過で本県が全国ワースト2位である調査結果などを説明。ひょうごの未来を担う人づくり推進の観点から、少子化対策の柱として、次の2項目の実現を強く求めました。

≪要望項目≫
1、誰もが安心して学ぶことのできる機会を創出するため、私立高等学校等生徒の授業料負担軽減策について、さらなる充実を図ること。
2、子育て世帯の経済的負担軽減を図るため、幼稚園・保育所の保育料負担軽減策について、さらなる充実を図ること。

申入れ 本文


このページのトップへ
Copyright c 2001 New Komeito and Prefectural citizen,s council All Rights Reserved.