兵庫県議会 公明党・県民会議

トピックス・活動報告


県立丹波医療センターを移転整備  本年7月1日の開院に向け準備着々

  県立柏原病院と柏原赤十字病院が提供してきた機能を維持・充実させるとともに、地域医療にかかわる人材育成の中核病院として、両病院の統合再編による新病院「兵庫県立丹波医療センター(仮称)」が7月1日に開院する予定です。
  また、丹波市が同一敷地内に整備を進める診療所や健診センター、地域包括支援センターなどの機能を備えた関連施設と新病院が一体となって、丹波市の地域包括ケアシステムの中核的役割を果たしていきます。
  血液内科、リウマチ内科、腎臓内科、病理診断科などが新設され診療科目数が27診療科となります。機能別病床や屋上ヘリポート、救急外来から手術室と集中治療室を結ぶ直通エレベーターも設置され、丹波圏域での安定的・継続的な良質の医療提供に期待が寄せられています。
  新病院の敷地面積は約5万4000uで延床面積は約2万6400u。鉄骨造(免震構造)で地上7階、塔屋2階建。

トップページへ戻る

Copyright New Komeito and Prefectural citizen,s council