兵庫県議会公明党・県民会議

Topics

2018/11/30 Up

「兵庫県地域創生戦略に対する提言」を知事に提出
  詳細な現状分析と指標設定で真に実効力あるものに

 県議会公明党・県民会議は、11月28日県庁内で井戸知事に「兵庫県地域創生戦略に対する提言」を提出しました。

 県議団として「地域創生のあり方について」をテーマに掲げ、今年度4回にわたって勉強会を開催してきました。その成果を、このほど提言としてまとめたものです。次期地域創生戦略の策定にあたって経済の活性化に関する事項を中心に提言しています。

 提言は、1、戦略策定に当っての視点、2、企業を地域創生のパートナーとする視点、3、官民連携・地域連携の視点の3項目で構成しています。

 中では、戦略を実効性のあるものとするために、県の強みと弱みの把握と共に経済社会を取り巻く外部環境の変化である「機会」と「脅威」の正確な予測、また、戦略目標を立てる際に
@具体性
A測定可能性
B実現可能性
C適切性
D期限の明示を満たす必要性を強調。
さらに、経済の活性化には広域経済圏で取り組むとともに、「連携相手の能力の向上」も視野に入れた連携が不可欠であることを指摘しています。

提言本文 PDF File


このページのトップへ
Copyright c 2001 New Komeito and Prefectural citizen,s council All Rights Reserved.